Wakefield FC

Wakefield FC Football club

松本山雅FCと一人の男

soccer06

今年2015年に日本のトップリーグのJリーグに初めて昇格したチーム、松本山雅FC。
長野県松本市、安曇野市、山形村、塩尻市をホームタウンとして拠点している、緑のユニフォームが印象的なチームだ。

2006年に北信越リーグ1部に参戦、2010年にJFL、2012年からJ2にそして晴れて2015年にJ1へ昇格した。
先ほども言ったように、チームカラーは緑である。その緑になったきっかけもまた興味深く、発足当時は緑色で以降は様々な色が使われたが、1991年に読売サッカークラブ(現:東京ヴェルディ1969)との練習試合で敗れたことをきっかけに「読売のような強豪クラブを目指す」意味を込めて読売と同じ緑色に固定したという何ともスポーツチームらしい負けず嫌いな面が見えているきっかけである。どんなときもその緑のユニフォームを見るたびに絶対に負けないという気持ちが湧き出てくるであろう。(現在東京ヴェルディ1969にJ2なのでもう勝っている)

また、松本山雅と聞いて私には一人どうしても忘れられない男がいる。松田直樹だ。彼の名前を聞いて知らないサッカーファンはいないであろう。彼は松本山雅を最後の所属チームにし、34歳という若さでこの世を去った。死因は「急性心筋梗塞」。8月2日9時58分頃、松本市の梓川ふるさと公園にて同チームの練習中に突然倒れ、心肺停止の状態で信州大学医学部附属病院高度救命センターに緊急搬送されたが帰らぬ人となった。彼がサッカーを始めたのは小学1年の時、兄の影響でサッカーを始める。天沼小学校の天沼FCに小学3年生から始める既定のところを特例で入団した。当時できたリフティングは最高で16回。他にも野球・バドミントン・水泳・ラグビーと様々なスポーツに挑戦するが、負けず嫌いの性格からどうしても一番になれないサッカーに夢中になっていったという。負けず嫌いな性格は大人になっても変わらず、いい面でも悪い面でもその負けず嫌いは目立った。

「俺は負けるのが許せないし、だからこそプロの世界で生きてこられた。」 と、自他ともに認める”負けず嫌い”の性格であり、 フィリップ・トルシエからは「試合に出さなきゃ殺すというオーラがある」と評価され、 Jリーグ時には闘志あふれるプレースタイルで、警告処分や退場処分にされることが多かったが、「本当は冷静なのに相手との駆け引きで熱く見せたりすることもある」「イエローカードも一つの勲章だと思っていた。」と語っていた。気合を入れるためにチームメイトに殴ってもらうことがあり、2004年CS(対戦相手は浦和)の試合前には栗原勇蔵に殴らせて気を失いかけた今だから笑えるエピソードもある。仲間に対する思いも熱く、負傷で離脱している選手や退団が決まった選手の名前をユニフォームの下に着るアンダーシャツに書いて着用することでも有名だ。

サポーターやクラブへの愛も強く、横浜FM時代にはミスターマリノスと呼ばれるほど親しまれた。2007年のレギュラーから外されていた時期の練習中には、サポーターによって松田の名前が入った横断幕が常に掲げられていた。

長年、松田直樹が所属し戦い続けてきたクラブだが、ベテラン選手を数多く戦力外通告するようになった。松田直樹もその一人だ。だが、戦力外の報道がされると、その日の内にクラブハウスにサポーターが大勢押し寄せ、戦力外を直接伝えたと言われる下條佳明統括本部長に撤回を求め詰め寄った。ファン・サポーターによって集められた再契約に関する嘆願書の署名数は数日で2万通を超えた。2010年12月4日の最終節後のセレモニーでは嘉悦朗球団社長と木村和司監督の挨拶はサポーターの松田のチャントでかき消され、セレモニー後のスタジアムには数千人のサポーターが6時間以上座りこんだ。こんなにも、サポーターから愛され、戦い続けた松田直樹だが戦力外通告は現実のものとなった。

だが、彼は次の道をまた切り開いていった。次のチームに選んだのがまだJFLだった松本山雅だった。J2昇格を目指すまだまだ弱小のチームだったが、松田直樹はサポーターの多さと、サポーターとの距離が近いスタジアムにまず興味を示し、松本山雅入団当時にはクラブ・監督・選手・サポーターが一丸となってJ2に上がりJ1へ行くと公言し、シーズン新体制発表の前に松本山雅FCのスタッフやチームメイトと共に松本市内の神社を訪れ、J2への「昇格」を祈願した。だが、この年の8月彼は帰らぬ人となった。

そして、松本山雅は松田直樹が帰らぬ人となった翌年松田直樹が祈願したJ2昇格、今年J1昇格となった。松本山雅で3の背番号を引き継いだ田中隼磨は、2014年11月1日にJ1への自動昇格を決めた直後、ユニフォームを脱ぎ号泣しながらピッチへ膝をついた。名古屋グランパス所属時代から毎試合着用しているアンダーシャツ には”ありがとう松田直樹3”と書かれており、試合後には、5月に松田と同じ右膝半月板を損傷しながらも試合に出続けていたことを発表した。その理由について「マツさんの遺志を受け継いだチームをJ1へ昇格させることにサッカー人生を懸けていた。」と語った。

松本山雅はこの男無くしては今のJ1昇格はなかったのではいかと、私は思う。
この、熱い男松田直樹がいたからこそチーム、そしてサポーターがより一層一丸となれ、戦えたからこその昇格だと思う。これからの松本山雅の活躍に期待したい。

フットボール会の白い巨人

soccer07

今の時代、聞いてしらない人は居ないくらい世界的に大人気のサッカーチーム、レアル・マドリード。
ユニフォームは全身真っ白、日本のレアル・マドリードのファンの一部からの愛称は「白い巨人」だ。

その歴史は1895年、オックスフォード大学やケンブリッジ大学の卒業生がマドリードにフットボール・スカイというクラブを設立。1900年に分裂し、ニュー・フットボール・クラブ(New Foot-Ball de Madrid)とフリアン・パラシオス会長のエスパニョール・デ・マドリード(Club Espanol de Madrid)という2クラブが新たに生まれた。そして、1902年にフアン・パドロスが会長となり、レアル・マドリードの前身のクラブであるマドリード・フットボール・クラブ(Madrid Foot-Ball Club)が誕生した。

スペイン、マドリードを拠点とし今や FIFAに20世紀最高のクラブに、そして国際サッカー歴史統計連盟からはヨーロッパにおける20世紀最高のクラブに認められたチームでもある。その成績は一度もプリメーラ・ディビシオン(リーガエスパニョーラ)から降格したことがないクラブでもある。さらに2015年の時点で6クラブのみであるビッグイヤーの永久保持が認められているクラブの1つであるほか、UEFAチャンピオンズカップおよびUEFAチャンピオンズリーグにおいても合計10回の優勝記録を持ち、ラ・ペケーニャ・コパ・デル・ムンド、インターコンチネンタルカップ、FIFAクラブワールドカップにおいても合計6回の世界一となったチームである。

また、チームの成績だけでなくお金持ちのチームとしても有名である。世界有数の経済誌『フォーブス』によるスポーツチームの資産価値の格付けにおいて34億4000万ドルと算出されており、世界一の資産価値のクラブとなっていて、世界一収入のあるフットボールクラブだ。その収入内訳は、スタジアム収入が1億1900万ユーロ、テレビ収入が1億8830万ユーロ、マーケティング収入が2億1160万ユーロとなっている。クラブブランドや潤沢な資金力を活かして、これまで多くの大物選手の獲得に成功している。

レアル・マドリードは数多くの有名選手が揃っている。
スポンサーにはアラブ首長国連邦のドバイを本拠とするエミレーツ航空とアブダビ国立銀行とスポンサー契約を行った。2015年3月28日には中国の電動バイクメーカーの緑源(リューヤン)とスポンサー契約を締結したと発表した。中国企業とスポンサー契約を結ぶのは初めてだ。この、多額な収入とスポンサー企業など支援により多額のお金で大スター選手の獲得を行った。

2000年代前半からそのとき会長を勤めていた時代のレアル・マドリードの愛称が銀河系軍団ある。その選手が今や引退している選手がほとんどだがポルトガルのルイス・フィーゴ、フランスのジネディーヌ・ジダン、ブラジルのロナウド、イングランドのデイビッド・ベッカムといった大スターが顔をそろえた。そして、現チームには世界的有名な選手、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウド、フランスのカリム・ベンゼマ、ウェールズのガレス・ベイル、コロンビアのハメス・ロドリゲスなどの顔揃えだ。

その、大スターが揃ったサッカーはそれはもう、言葉がでないほどの大迫力で、そして美しく、大胆でフットボール界の見本となるに違いない。ショートパスを使ってニアゾーンを攻略する、前に早い選手を残して時間を掛けないで素早いカウンター、大きなサイドチェンジを交えての大胆な攻撃、リスクをおかしてでも攻撃的なサッカーをするレアル・マドリードのサッカーは見る人を本当に魅了する。私も魅了された一人だ。

近年のフットボールはゆっくりボールを回すポゼッションが主流になってきたが、レアル・マドリードのように素早く、無駄なく攻撃するといったようにまた、新しい時代が誕生しそうだ。フットボールでもその他メディアでもいつでも最先端を行っているレアル・マドリード、その今後の行方を暖かい目で見守って行こうと思う。

イングランドサッカーについて

sodder03
先日友人が「ウエスト・ヨークシャーに行ってきたから」とお土産を頂いた。
私はウエスト・ヨークシャーとは何だと思い調べてみた。
そこはなんとイングランドの都市州だった。海外サッカーが大好きな私からしたら、本当に心の底から羨ましい旅だなと思った。イングランドはサッカーがとても有名であることは言うまでもない。

私の死ぬまでにしたい10のことに、イングランドのサッカーを見に行くというのが入っているくらいだ。
実際、調べてみたところウエスト・ヨークシャーにはイングランドの最候補のトップリーグ、プレミアリーグへの参加のチームがなっかたのは残念だった。

現在はイングランド3部のチームがあることだけが分かったがその他のことは何も分からなかった。
私はただ海外サッカーが好きなだけだが今回この機にイングランドプレミアリーグのことについて詳しく調べてみようと思った。
その中でも香川真司も所属していて一番日本人にきっと馴染みが深いであろう世界を代表するビッククラブのマンチェスターユナイテッドについて詳しく調べてみた。

マンチェスターの鉄道員が中心となり、ニュートン・ヒース・ランカシャー&ヨークシャー・レイルウェイズFC として1878年に創立。
グレーター・マンチェスターのトラフォードに位置するオールド・トラッフォードを本拠地とするイングランドのサッカークラブである。
真っ赤なユニフォームが印象的で愛称は赤い悪魔だ。イングランドのフットボール史上最も成功を収めている。
イングランド最候補のリーグで優勝経験は20回、そしてヨーロッパのナンバーワンのチームを決めるUEFAチャンピョンズリーグでの優勝経験は3回である。

その凄い功績の中で一人絶対にこの人なくしては今のマンチェスターユナイテッドはないという人物がいる。
それがアレックス・ファーガソン氏(73歳)だ。私の父は今年還暦を迎え定年退職をしたが、なんと彼はトップチームで1986年~2013年まで27年間そして71歳まで監督としてのキャリアを積み上げた。私の父のことを思うととてもじゃないがここまで世界のビッククラブで71歳までキャリアを積み上げてきたファーガソン氏は本当に只者じゃない。

世界を代表するビッククラブであるマンチェスターユナイテッドは毎年シーズンの初めだけに限らず多額の移籍金で有名選手を多数獲得する。有名選手で言えば今やサッカー界では絶対に知らない人は居ないであろう、クリスティアーノ・ロナウドやデイヴィット・ベッカムなど数多くのスター選手が所属していたことでも有名だ。

だがここ数年ファーガソン氏が退任した後は有名選手がたくさんそろうがなかなか成績が残せずにいるのが現状である。
しかしながら、フットボールに限らず全てのスポーツクラブの中で世界一ファンの多いクラブであることが判明したり、世の中にたくさんあるサッカーチームでのクラブ収入は世界第4位である。

スタジアムはオールドトラッフォードと言う約75000万人が収容出来る。
2007年3月31日のプレミアリーグVSブラックバーン戦で76098人を動員した。
日本のJリーグの平均収容数が約15000万人であるためこの76098人というのが驚異的な数字なのは言うまでも無い。
このようなスタジアムを作れ、維持できるのはやはりビッククラブならではであろうと思う。

今回この偉大なビッククラブを調べて1つ思ったことがある。
今このビッククラブが維持できそして何年にも続く強豪チームとなれるには必ず誰一人としてスタッフ、選手、スポンサー、サポーター無駄なものがなかったということだ。そしてビッククラブならではの歴史、そして人物、そしてスポンサー、サポーターが無くしてはならないということだ。

私もいつか、生きているうちに必ずこの地で歴史を刻む一人のサポーターとして応援に行きたいと強く思った。

水色の大好きなチーム

soccer04
私はお父さんの影響で海外のサッカーがとても大好きで、中でも今お父さんと一緒にイングランドプレミアリーグに加盟するマンチェスターシティFCというチームが一番のお気に入りなのです。
私がマンチェスターシティFCが好きになった理由はある一人の選手のことが大好きになったのがきっかけで、その選手が所属していたので、試合をみて大好きになりました。
ただただ好きなだけの私ですが今年6月で還暦を迎えたお父さんへ、還暦祝いのプレゼントとして来年マンチェスターに試合を見に行こうと思い歴史、文化やマンチェスターシティFCのことをもっと詳しく調べて旅行のときに役に立つようにと思いいろいろ調べてみました。

日本人にはあまり知られていないマンチェスターシティFCですが歴史は以外にも長く1880年に創立され、ユニフォームの色は何とも鮮やかな水色でイングランドプレミアリーグ4回の優勝を誇る強豪チームで2011年~2012年シーズン、2013年~2014年シーズンとここ最近ではもっとも過酷なリーグと言われるイングランドのプレミアリーグでの優勝をしています。

昨年には2億ポンド(約376憶円)をかけて建設した新トレーニング施設が立てられ、その、施設の内容がフルサイズの室内ピッチを含め、16.5面ものピッチ、選手たちがビデオ研究するための座席数56を誇るTVホール、キングサイズのベッドとバスルームを備えた4つ星の宿泊設備、アカデミーと女子チームが使用する7,000人収容のスタジアム、 4万平方キロメートルを誇る5.5面の人工芝ピッチとビッククラブでも大変素晴らしすぎるトレーニング施設があります。

マンチェスターシティーが強くなった要因としての1つが現オーナーの産油国として知られるアラブ首長国連邦(UAE)アブダビの投資会社で、アブダビのロイヤルファミリーであるマンスール・ビン・ザイド・ナハヤンUAE副首相がオーナーになり、高い金額でいい選手を獲得できるようになったことが強くなった一番の要因だと私は思います。

周りからマンチェスターシティFCは「金持ちのオーナーがついたから強いんだ」「高い金を払って選手をとるから強いんだ」と言われることがおおいのですが、ただ多額の移籍金でいい選手を獲得できてもいい結果は残せないのがサッカーの面白いところで、そしてやはりサッカーの本質、チームワーク、チーム戦術がしっかりしていないと勝てないと思います。

私は今シーズンのマンチェスターシティFCは過去最強だと思っていて、8月8日に2015年~2016年シーズンが開幕したのですが、マンチェスターシティFCの結果は好発進で、まだ2戦しかしてないのですが2戦連勝、しかも大差での勝利、なおかつ昨年優勝チームのチェルシーFCに3-0といういいスタートをきっています。

マンチェスターシティFCの強さの秘訣を私なりに研究し、分析してみたのですが、やはりメリハリがしっかりしていて遅攻、速攻の区別がチーム全体を通してはっきりしていて、チームの中心的存在で私の大好きなスペイン代表ダビド・シルバがバイタルエリアでのプレーがたくさんできそれを周りが生かせてることだと思います。

それだけではなく、マンチェスターシティFCは各ポジションの選手の得点が多いのも特徴で本来ならサッカーはエースストライカーのフォワードの選手がたくさん点をとるのが一般的なのですが、マンチェスターシティFCは本来はゴールを守る選手、そしてゲームを作る選手が点をとっているのも強さの要因だと私は思います。

今回、マンチェスターシティFCの歴史やサッカーを詳しく調べるために、本、インターネット、テレビなどさまざまなものを利用しましたが、やはり何をみても私はあの鮮やかな水色のユニフォームを見るたびに心が弾みます。
このようにサッカーそしてマンチェスターシティFCというチームが一人でも多くの人に感動と勇気を与えてくれること祈りこれからも応援し続けたいと思います。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 当サイトについて

    メインはWakefield FC Football clubのファンサイトでありつつ、プレミアリーグやイタリアのセリエA、ドイツのブンデス・リーガまで幅広く応援するサッカーニュースサイトです。
  • ↑ PAGE TOP